映画 タンタンの大冒険 評価 - まことの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 タンタンの大冒険 評価

映画 タンタンの冒険のネタバレについて。

映画 タンタンの冒険の原作は
「Les Aventures de Tintin」でベルギーの作家がフランス語で
書いた作品なんだそうです。

それが英語圏で「Les Aventures df Tintin」となったとか。


The Adventures of Tintin: The Game - ザ アドベンチャー オブ タンタン ザ ゲーム (海外北米...


で、スティーヴン・スピルバーグ監督により映画になったのですが、
ハリウッド=アメリカなので「Tintin」のところは「チンチン」とか
「ティンティン」となるのが普通ですが、

ここだけはフランス語で
「タンタン」となているようです。

実はこの「Les Aventures df Tintin」ですが、
日本アニメで放送されているんですね。

そのタイトルがチンチンの冒険。

この辺で、おかしいんじゃね?
という評価を出している方も。

映画 タンタンの冒険の内容自体は、結構良い評価のようです。

退屈なく楽しめるようです。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

http://foreland-popular.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。