手足口病の大人の症状について - まことの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手足口病の大人の症状について

手足口病に大人がかかった時の
症状についての情報です。

通常手足口病は4歳くらいまでの子供が
かかりやすい病気です。

その原因は、エンテロウイルスの感染によるものです。

手足口病の主な症状は、口の中、手の平、足の裏に
水疱(すいほう)ができるのが大部分です。

しかしたまに38度くらい発熱する子供もいます。

そして水疱は痛みを伴わないのが普通です。
が、稀に痛いこともあるようです。

しかし手足口病に大人がかかってしまうと
その症状は基本的には同じですが、子供に比べ症状が重いです。

手のひら、指、足の裏に出来た水疱は、痛みを伴い
物を持ったり、立てない方もいるほどです。

また、38度以上の高熱を伴うこともよくあるようです。

手足口病の特効薬はなく、
薬で症状をおさえながら、自然治癒するのを待つしかありません。

また、治ったと思っても、便の中には一か月
ウィルスがいることがあるので、乳幼児を持つ方は
おむつ交換の後は手洗いなどの消毒が必要です。

手足口病は咳などによる飛沫感染が主なので、
マスクをしたり、手をよく洗って消毒をするなどの予防が効果的です。

消毒用の手洗い洗剤なら↓
残ったら冬のインフルエンザ用に。


『ウォシュボンG 薬用手洗いせっけん液 400ml』【KCDS】【3150円以上送料無料】

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

http://foreland-popular.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。