孤高のメス 原作 あらすじ - まことの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤高のメス 原作 あらすじ

孤高のメスの原作とあらすじについての内容です。

映画 孤高のメスは当時日本ではまだ認められていなかった脳死肝移植を
人の命をすくために行った勇気ある医師についての映画です。

映画 孤高のメスの原作は「孤高のメス-外科医 当麻鉄彦」↓


【中古コミック】【5000円以上送料無料】【6冊セット】孤高のメス/1巻-6巻/以降続刊/幻冬舎文庫...


でもその原作の小説の元になった漫画があるんですね↓


( ゜∀゜)知らないマンガも「あらすじ」だけ読んでいく!?【全巻セット】 メスよ輝け!![文庫...


孤高のメスの主なキャストは、主人公当麻鉄彦役に堤真一、
他に夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴
松重豊、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明、徳井優
本田大輔、安藤玉恵となってます。

以下、映画 孤高のメスのあらすじです。

外科手術ひとつまともにできない地方の市民病院、
それがさざなみ病院であった。

ある日そこにピッツバーグ大学で肝臓移植を手掛けた
エリート医師、当麻鉄彦がやってきた。

当麻鉄彦はこれまでの先生と違い、患者のことを考え行動する
いわば、医師の鏡のような先生。

しかし、特に地方の病院には慣例というものがはびこっており、
慣例から脱するのを嫌う医師もおり、当麻鉄彦はそんな医師からは
反発を受ける。

しかしナースの浪子は影響を受け、当麻鉄彦の情熱に心を寄せ
自分の仕事に対するプライドや情熱を取り戻したのだった。

そんなおり、市長の大川が末期の肝硬変で搬送されてくる。
大川を助ける方法はただ1つ、肝臓移植である。

しかし当時の日本ではまだ、脳死肝移植は認められていない。

が、息子の肝臓を提供する静の涙ながらの訴えで、当麻鉄彦は
手術を決意するのであった。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

http://foreland-popular.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。