カエンタケ 症状 - まことの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエンタケ 症状

カエンタケの症状には、非常に多くの種類があります。

嘔吐、腹痛、下痢、全身の皮膚の糜爛、呼吸困難、言語障害、
白血球と血小板の減少、造血機能障害、多臓器不全などの症状が
出てきます。

それゆえ、カエンタケは致死率が非常に高いキノコなのです。

また、カエンタケの汁に触れただけでも皮膚が炎症を起こすそうです。

カエンタケは、その名のように火炎を表したような姿をしたキノコです。

普通は山の奥地の木の株に自生するのですが、
最近ナラ枯れにより里山でもカエンタケが見られるようになったとか。

関西では大増殖らしいです。

カエンタケは山奥で自生してたものなので、
知らない人がかなりいるようです。

私も名前を始めて聞きました。

今、キノコ狩りの季節。
毒キノコとそうでないキノコの区別は大事ですね。


食べられるおいしいキノコ100種安心キノコ100選10P18May11

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

http://foreland-popular.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。